MENU

『4番目の光』 「歌詞」 - 乃木坂46

遠くから憧れていた 
その清楚で凛々しい先輩の姿 
坂道のあの高校と 
同じ制服を着たい その夢がかなった 



TOP 1 日本


『4番目の光』 「歌詞」 - 乃木坂46

遠くから憧れていた 
その清楚で凛々しい先輩の姿 
坂道のあの高校と 
同じ制服を着たい その夢がかなった 

鏡に自分をうつして クルリと一周回った 
エンブレムに相応しい 未来汚さぬように 
頑張るしかない 

4番目の光を 探しに行こう 
どこかにきっとあるだろう 
私たちの世代だけの その輝き 
新しい色になる 

制服に袖を通して 
胸に込み上げてくる万感の思い 
坂道を今すれ違う 
卒業生が優しく 「頑張れ」と微笑む 




自分に何が出来るのか 不安と期待が膨らんで 
夜明け前に目が覚めてしまう 
私らしく全力で走ろう 

4番目の光に なれますように 
真っ直ぐ道を進むだけ 
いつの日か次の世代に 繋ぐために 
暗闇を切り抜け 

もし雨が降ってぬかるんでも 
しっかり歩いていく やがては地面も乾く 
雨雲の隙間を差し込む 光たちよ この坂道登れ 

こんなに素敵な場所にいられたことを 
誇りに思えるように輝こう 

4番目の光を 探しに行こう 
どこかにきっとあるだろう 
私たちの世代だけの その輝き 
新しい色になる





光は愛 



More by SANDERLEI

TRENDS - SONG LYRICS
Radar by Sanderlei
Everything in the musical world / Tudo que rola no mundo musical / ทุกอย่างในโลกดนตรี / Все в музыкальном мире / 音楽界のすべて.